ステンレスの溶接なら『YRトリタン』

YRトリタン

2%トリウム入り(WT20)
部品番号:100.xxxx
サイズ:1.6φ/2.0φ/2.4φ/3.2φ
数量:10本


鉄、ステンレスのTIG溶接では、直流TIGが使われます。直流TIG溶接に限れば、電極の先端の耐消耗性に優れています。
特にアーク溶接の集中性・安定性という点では、純タングステン、セリタンよりも優れており、結果として歪みの少ない溶接が可能です。鉄、ステンレスの溶接ではトリタンで溶接されることが多いです。
(2.0%以下のトリタンについては放射線障害防止法、労働安全規制法の規制対象外)

合金溶接、自動溶接なら『YRランタン』

YRランタン

2%ランタナ入り(WL20)
部品番号:101.xxxx
サイズ:1.6φ/2.0φ/2.4φ/3.2φ
数量:10本


酸化ランタン2%入りタングステン電極棒は合金や自動溶接をする際に向いています。
溶接中に母材と接してしまってもタングステン電極が溶着しにくいため、タングステン電極の摩耗が遅く、長く使用することができます。
※酸化ランタン2%入りタングステン電極棒の棒端色(識別色)はISO規格(ISO6848)では青、JIS規格(JIS3233-1990)では黄緑とされています。つまり、ISO規格の青いタングステン電極とJIS規格の黄緑は同等品で2%ランタンです。

アルミ・ステンレス・その他合金の溶接なら『YRセリタン』

YRセリタン

2%セリウム入り(WC20)
部品番号:102.xxxx
サイズ:1.6φ/2.0φ/2.4φ/3.2φ
数量:10本


耐消耗性に優れ、交流TIGでも溶接飛散することがないので、幅広い金属の溶接で使用することができます。
ただ、耐消耗性においては純タングステンの方が、アークの集中性においてはトリタンの方が上位です。
セリタンは電極の耐摩耗性に優れているため、大量にアークスポット溶接を行う場合に適しています。

オールマイティーならマルチタングステン

YRマルチタングステン

2%イットリウム入り(WY20)
部品番号:103.xxxx
サイズ:1.6φ/2.0φ/2.4φ/3.2φ
数量:10本


オン・オフの断続スタートに安定したアークスタートを保持しアルミウム、ニッケルなど非鉄金属、非鉄合金の溶接に適しています。長時間シャープな先端が維持でき、連続溶接に適します。
小電流域においてなめらかなアークスタート性を融有し、微細溶接に最適です。
また、放射性物質を含まないため安全に作業できます。

※1 本ページに掲載されております溶接材料、溶着金属、溶接金属などの諸特性データは製品の代表的な特性や性能を説明するためのものであり「規格」の規定事項として明記したもの以外は保証を意味するものではありません。
※2 実際の溶接構造物における諸性能については、施工物の設計、鋼材の化学成分、施工方法、溶接条件、施工者の技量などの影響がありますのでご注意ください。
※3 本ページ記載の技術情報を誤って使用したことにより生じた損害につきましては責任を負いかねますのでご了承ください。